ワキガ 原因菌

汗自体は臭わない!ワキガの臭いは原因菌のしわざ!

ワキガの原因菌

独特の刺激臭を放つ、ワキガのコンプレックス。
それには、原因菌がいるってことはご存知ですか?

 

ワキガの人はアポクリン腺という汗腺が普通の人より多く、
ここから出る汗を菌が分解することで臭いが発生します。

 

でも、汗自体は無臭であり、菌が分解することがなければ
臭いが発生することもありません。

 

極端に言えば、原因菌さえいなければ、いくら汗をかいても
ワキガでこんなに悩む必要もないのです。

 

このにっくき原因菌の正体は何なのでしょうか。
その原因菌を突き止めることで
何か弱点がないか、探ってみましょう。

 

アポクリン腺の汗を好む~原因菌の正体!

 

ワキガの主な原因菌は、ジフテリア菌などの
「コリネバクテリウム属」の細菌です。

 

これらの原因菌は、アポクリン腺の汗を栄養としています。
この汗は、タンパク質や脂質を多く含んでおり、
ワキガの原因菌はこれがないと生きていけません。

 

そして、ワキガでない人にはアポクリン腺が少ないため、
そこでは繁殖できません。

 

一方、エクリン腺という汗腺から出る汗を分解する菌は
主に皮膚にいる常在菌で、
表皮ブドウ球菌などが代表です。

 

この汗は、大部分が水分で、
分解されても発生するのは普通の汗臭さであり、
ワキガのような臭いではありません。

 

そして、必然的に、
ワキガの人とそうでない人では、
ワキに多い菌の種類も違っていることになります。

 

原因菌の弱点は?繁殖をさせないためには?

 

コリネバクテリウムも、他の細菌と同じように、
乾燥に弱いという性質があります。
また、繁殖するためには、水分の他に栄養も必要としています。

 

そのため、この原因菌の活動を止めるには、
栄養となる汗をこまめに拭きとる、
常にワキの下を乾燥させておく、などが有効です。

 

また、アルコール消毒などで
原因となる菌を殺菌してしまうという方法もあります。

 

原因菌を完全になくすことは限界がある?

 

理論としては、原因菌を殺菌して死滅させれば
ワキガの臭いも発生しなくなるのですが、
やはり実際にはそれほどうまくいきません。

 

細菌の繁殖力は非常に強く、
少しでも生き残っていれば、また増加を繰り返します。

 

アルコール消毒にも限界があり、
100%完全に死滅させることは難しく、
消毒しても、数時間後にはもとの数まで戻ると言われています。

 

また、消毒を繰り返すと、
原因菌だけでなく、皮膚の常在菌も殺菌してしまいます。

 

菌というのは、
何でもかんでも殺菌すればよいというわけではありません。

 

特に、皮膚の常在菌は、外部からのウイルスの侵入を防ぐ
バリア機能を果たしているものもあるからです。

 

ワキガの原因菌~ワキから追い出すには?

 

このように、原因菌にだけアプローチしても、
残念ながら、ワキガの根本的な改善は難しいと言えます。

 

根本的な解決を望むのであれば、
手術によってアポクリン腺を切除する以外ありません。

 

アポクリン腺をなくしてしまえば、
原因菌の栄養原が断たれてしまうので
繁殖することもできなくなります。

 

興味があるのであれば、
病院へ行って一度相談することをおすすめします。